2012年02月08日

カラーの抽出

こんにちは目

すごい雪ですねっ8雪


昨日、中級コースの授業でしたexclamation×2

昨日の課題はカラーの抽出。
自分の部屋に何色あるかお分かりになりますか?
この事務所だけでもカラーは沢山存在しています。
まず一番多く締めているカラーはメインクロスの白、続きカーペットのブルーグレー、アクセントクロスのビビットピンクといったところでしょうか。

何パーセントくらいの割合でこの部屋をこの色が埋めているのか抽出してみてください。という課題ですひらめき

インテリア雑誌などから、好きなコーディネートの写真を選んで頂きカラーの抽出を行って頂きましたリボン



DSC_1104.JPG


まずはビビットなグリーンを基調としたこのお部屋のカラー抽出

オフホワイト・黄緑・イエローが多くを占めていると判断していますね。
他にオレンジ・薄い黄緑・紺色を抽出してくれています。



他にも赤やオレンジがかった赤、黒、濃い緑が見えてきていますふらふら



DSC_1106.JPG


こちらはブルーが際立つ空間
ブルーを際立せるためには…といった事も考えて書いてくれいていますひらめき

なぜこう見えるのか。といったことをかんがえることも大切ですね!!



DSC_1108.JPG


淡いパープルとピンク、ビビットすぎないオレンジがきいているお部屋です。

メインカラーも大切ですが、これをみると5%のその他のいろによって部屋がまとまっているのが分かります。やはり小物は大切ですね!!

この生徒さんの気づきはメインクロスのグレーにパープルが若干入っていることがわかったことですね!!


パープルと一概に言ってもいろんなパープルがあります。
トーンや彩度次第でこれなんだか合わないな…といったことにもなりかねません

アクセントクロスを選ぶ時も、メインクロスが何色に寄っているのかで
かなりアクセントクロスの表情が変わってくると最近わたしも気づきました。




私が思うには、カラーって第一印象と一緒だと思うんです。
人にあった時にその人が放つオーラや雰囲気って色に例えられそうです眼鏡


インテリアもカラーコーディネーションができればかなり腕は違ってくると思います!!
ただし、きちんと立体的かつ大きい規模で色を考える力が必要となってくるのでそのあたりはきちんとインテリアのお勉強をしましょうっ!!ぴかぴか(新しい)





banner2.gif

★福岡でインテリアスクールを無料体験してみませんか★
詳しい説明はこちら>>
posted by staff at 18:47 | Comment(0) | スクール日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: