2013年10月29日

カラーコーディネート「良い例・悪い例」

ご無沙汰しております!久々のブログ更新ですあせあせ(飛び散る汗)

お忙しいスタッフの方々に変わり、
スクール生の岩倉がえらそうにコメントさせていただきます。
よろしくお願い致します☆

今回ご紹介するのは、カラーコーディネートの「GOOD(良い例)・BAD(悪い例)」のボードです。

じゃじゃじゃ〜んぴかぴか(新しい)

IMG_3148.JPG

うわぁ目
カラーについてのボードなだけあって、カラフルで楽しげなボードですねるんるん

良い例・悪い例それぞれ一つの事例だけではなく、
様々な事例をマスキングテープなどを利用してうまくまとめられていますよね。
テープの色も写真と合っていると思います。

このボードを作られた方とは一緒の授業ではなく、まだお会いしたことはないのですが、
きっと普段から年賀状とか書くにしても
ちょっとひと手間かけられる方なのでは?という気がします!

GOOD良い例ですグッド(上向き矢印)

IMG_3149.JPG

IMG_3150.JPG

インテリアだけでなく町並み(外構)に目をつけられているのがおもしろいです。
いろいろな写真を例にあげて「色相」や「明度」という言葉を用いながら説明されているのでとてもわかりやすいです。

次はBAD悪い例ですバッド(下向き矢印)

IMG_3151.JPG

左上の写真については
「アクセントカラーである赤にブルーも入ってきていてまとまりに欠ける」
というコメントです。

写真では少しわかりづらいのですが、
確かにブルーが少し邪魔をしているような…。
でもここに何も無かったらすっきりし過ぎてちょっとつまらないかな…という気もします。
「もしこの色がなかったら?」
「この色が他の色だったら?」
「他の形だったら?」
なんて考えるのもおもしろく、勉強になりますね。

これはアパレルの公告だそうです。

IMG_3152.JPG

「照明の存在感が強すぎて本来の主役(モデルと洋服)が目立っていない」
とのコメント。

確かに(笑)
服 印象うすいですがく〜(落胆した顔)

ボードを見たときの第一印象ってとても大切だと思うのですが、
このボードはパッとみた瞬間に楽しい気分になってしまう明るさがありますよねぴかぴか(新しい)

一つ提案をするとしたら、
タイトルやコメントを手書きにしないでエクセルやワード等でかいたものを貼ったら、
マスキングテープやGOODとBADの手づくりな感じがもっと活きたかなと思います。

他の方が作ったボードをみさせていただくと、自分では気づかなかった視点をみられたり、
たくさん勉強になることがあります。
私ももっと視野をひろげてがんばりますパンチ










banner2.gif

★福岡でインテリアスクールを無料体験してみませんか★
詳しい説明はこちら>>
posted by staff at 11:23 | Comment(0) | スクール日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: